クミコオフィシャルサイト - Kumiko Official Site

クミコ - ココロの扉をたたくウタ

プロフィール - Profile 著作権表示

クミコのバイオグラフィーと主な活動歴をご紹介します。

詳細プロフィール

1978年 - 99年

1978年 「世界歌謡祭」に日本代表の一人として参加。
1982年 シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」のオーディションに合格。プロとしての活動をスタートし、渋谷「ジァンジァン」などにも出演。
1987年 “高橋久美子”の名前で、デビュー・ミニアルバム「POKKOWA PA?」をSound Worldより、リリース。プロデュースには溝口肇氏を起用。
1994年 “高橋クミコ”として、イースタンゲイルより6曲入りミニアルバム「MACHI」をリリース。
1996年4月24日 アルバム「世紀末の円舞曲(ワルツ)」を東芝EMIより、リリース。
1999年 作詞家・松本隆氏と出会う。

2000年 - 現在

2000年6月 スペイン、カタロニアサーキットで行われた世界2輪グランプリ・カタロニア大会に招待される。松本隆氏作詞による、カタロニア民謡「鳥の歌」を唄う。
2000年8月 松本隆氏・鈴木慶一氏 共同プロデュースによる、シングル「接吻」(テレビ朝日系木曜ミステリー「京都潜入捜査官」主題歌)をリリース。
2000年9月20日 アルバム「AURA アウラ」をリリース。“大人のポップス”を提唱し、話題となる。
2001年 人気CM、ハウス・ クリームシチュー・ミクス イメージ曲「お帰りなさい」をリリース。
2001年7月 avexグループ、新レーベルavex ioに所属。
2002年11月20日 avex ioより、ニューアルバム「愛の讃歌」、シングル「幽霊・わすれな歌- 同題タイ映画メインテーマカバー曲」を同時リリース。
アルバムに収録されている「わが麗しき恋物語」がAMラジオで連日流され、“聴くものすべてが涙する歌”として大きな反響を呼び、翌2003年2月5日急遽シングルカット。シャンソンでは異例の大ヒットとなり、注目を集める。
2003年9月25日 一年ぶりのニューアルバム「愛しかないとき」リリース。
全国5大都市(東京・福岡・札幌・名古屋・大阪)にてアルバム発売記念コンサートを行なう。
2003年10月10日 初エッセイ集「ヘコタレナイ 人生はまわり道したっていいじゃない」を主婦と生活社より出版。
2003年11月22日 松田聖子の「瑠璃色の地球」で知られる、作詞:松本隆、作曲:平井夏美の二人が久しぶりにクミコのために書き下ろした、シングル「さいごの抱擁」をリリース。ラジオ番組「60歳のラブレター」のエンディングテーマとして使用される。
2004年7月28日 昭和を代表するシャンソン歌手“越路吹雪”の作品を集めたアルバム「イカルスの星 越路吹雪を歌う」をリリース。
2004年11月3日 作曲:三木たかし、作詞:覚和歌子による書き下ろし「わたしは青空」をリリース。(カップリングには作曲:来生たかお、作詞:来生えつこによる書き下ろし「口づけ」を収録。)理不尽な出来事・事件により命が奪われる時代、混沌とする世の中へ“生命(いのち)の歌”として話題に。
2005年4月6日 2004年11月3日の渋谷・Bunkamura シアターコクーンでのライヴの模様を、CDとDVDでリリース。
2005年4月30日 赤坂・サントリーホールにてNHK交響楽団のピックアップメンバーと共演。
2005年11月16日 一年ぶりとなるニューシングル「さよならを 私から」(c/w)「ほほえみの唄」をリリース。
「ほほえみの唄」は、2005年3月より放映中のNHK総合「発見 ふるさとの宝」番組エンディングテーマとなる。
2005年11月21日 渋谷・Bunkamura シアターコクーンにてコンサートを開催。
2006年3月8日 「クミコ・ベスト わが麗しき恋物語」をリリース。このアルバムのために、宮崎 駿監督作品「ハウルの動く城」メインテーマ曲「人生のメリーゴーランド」(作曲:久石 譲)に覚 和歌子が詞を書き下ろし、新録音された。
2006年3月31日 セントラルリーグ開幕セレモニー始球式(東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース戦)で国歌独唱をする。
2006年4月 「クミコ コンサート2006 ~恋せよ 大人たち~」ツアーをスタート。
(福岡・大阪・東京・札幌・新潟・静岡・仙台・名古屋)
2006年10月30日、31日 オーケストラアンサンブル金沢と共演。(指揮:渡辺俊幸)
2007年1月 2月に最後の日本公演を行うシャンソン界の巨匠・シャルル・アズナブール氏とパリにて対談。
2007年2月21日 ニューアルバム「十年 ~70年代の歌たち~」をリリース。70年代の名曲をカバーし、中島みゆきの書き下ろしの新曲「十年」も収録。3月からはアルバム発売記念コンサートを全国で開催。東京では3月21日に東京国際フォーラム・ホールC にて公演。
2007年3月20日 エッセイ集「わが麗しき歌物語」を講談社より出版。
2007年7月1日、2日、3日 「デビュー25周年スペシャル・コンサート『十年』」を開催する。ゲストにはミュージカル界のプリンス・井上芳雄氏を迎える。
2007年7月2日 CD8枚組+DVDのボックスセット「コンプリート・クミコ・ボックス~二十五年~」を発売
2007年9月12日 天才的なシャンソン歌手エディット・ピアフの生涯を描き、フランスで大ヒットした映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」日本公開に合わせ、イメージミニアルバム「クミコmeetsピアフ」を発売。
全国5大都市(札幌・名古屋・福岡・大阪・東京)で試写&ライブイベントを開催。
2007年10月 映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグラン生誕75周年記念ジャパン・ツアーにゲスト出演。 (10月29日愛知県芸術劇場、30日大阪・フェスティバルホール 31日、11月1日Bunkamuraオーチャードホール)
2008年3月19日 1年ぶりのオリジナルフルアルバム「友よ!~あの出発ち(たびだち)を“青春”と呼ぼう~」をリリース。福岡在住の主婦“智子”作詞・作曲による「ブラボー!」や、秋元康(作詞)×服部隆之(作曲)書き下ろしの「いつのまに・・・」の新曲も収録。
2008年4月19日 国際フォーラム・ホールC のコンサートを皮切りに、全国ツアーを開催する。
2008年6月27日 ゲストに伊勢正三氏を招き、東京国際フォーラム・ホールC で追加公演。
2009年2月 シリーズ32万部を突破した人気エッセイ集を舞台化したミュージカル仕立ての歌語り
「 届かなかったラヴレター」Vol.1の公演を東京・大阪にて行なう。
2009年2月18日 4年ぶりとなるNEWシングル「届かなかったラヴレター」を発売。
2010年2月 昨年に引き続き井上芳雄さん徳光和夫さん上柳昌彦さんと共に、 シリーズ35万部突破の実話集
「届かなかったラヴレター」を朗読と名曲で綴るハートフルコンサートを開催。
2010年2月10日 「届かなかったラヴレター」を含む新作ミニアルバム
「『届かなかったラヴレター』ソングブック」を発売。
2010年2月24日 1年ぶりのNEWシングル「INORI 〜祈り〜」を発売。
2010年3月 Twitterとのコラボレーション企画 "「INORI〜祈り〜」プロジェクト "を立ち上げる。
2010年6月6日 ニューヨークセントラルパークでのイベント「JAPAN DAY 2010」に出演。「十年」、「一本の鉛筆」、「INORI〜祈り〜」の3曲を歌う。
2010年12月31日 第61回NHK紅白歌合戦に出場し、「INORI〜祈り〜」を歌う。
2011年3月11日 コンサートで石巻市に訪れた際、東日本大震災に遭遇する。
2011年5月25日 人気脚本家・大石静が日本語詞を書き下ろした新曲「最後の恋~哀しみのソレアード~」をリリース。

※上記プロフィールは2011年9月現在のものです。